NAshop 高橋裕次郎
刑法書籍
スパシーバ
N A K A S E
Home Top

高橋裕次郎


Books・CD・DVD・BD

購入する

すぐに役立つ刑事告訴と賠償請求の法律しくみと手続き 改訂新版
すぐに役立つ
高橋裕次郎(監修)三修社2010.3(ISBN:978-4-384-04307-5)
1,980円

(目次)
第1章 民事事件と刑事事件の違いをおさえよう
第2章 捜査から起訴・判決までの流れ
第3章 犯罪被害者になった場合どうする
第4章 被疑者になった場合どうする
第5章 こんな場合も犯罪になるのか
第6章 民事事件の手続きと賠償について
第7章 交通事故や医療事故が発生した場合の対応と示談交渉
第8章 刑事事件と裁判員制度
第9章 少年事件・弁護士の頼み方や各種相談機関について


新はじめて学ぶ刑法
集団強姦罪新設、法定刑の引き上げなど改正刑法に完全対応
高橋裕次郎(編著)三修社2007.4(ISBN:978-4-384-03915-3)
1,870円

(目次)
刑法総論(刑法って何?―刑法の目的と機能
なぜ国家が人を裁くのか―刑罰の正当化
法律なければ刑罰なし―罪刑法定主義 ほか)
刑法各論(安楽死は許されない?―殺人の罪
いやがらせ電話が傷害有!?―傷害の罪
ひき逃げから幼児虐待まで―遺棄の罪 ほか)
ステップアップ編(刑法改正について知っておこう
少年法のしくみを知っておこう
刑法と刑事訴訟法の関係はどうなっているのか? ほか)


新はじめて学ぶ刑事訴訟法
即決裁判制度、被疑者国選弁護士制度など改正刑事訴訟法に完全対応
高橋裕次郎(編著)三修社2007.4(ISBN:978-4-384-03917-7 )
1,870円

(目次)
殺人事件発生!!―捜査の開始
刑事裁判が始まった―公訴提起と冒頭手続
刑事訴訟ってどんな手続?―判決から上訴
刑事訴訟法って何?―刑事訴訟法の意味
真実と人権のはざまで―実体的真実主義と適正手続
公平さとスピードが裁判の原則―当事者主義と迅速な裁判
被疑者と被告人の違い―被告人・弁護人
被告人・弁護人のライバル―警察官・検察官
公正な判断が裁判官の命―裁判所
どこまでが任意なの?―任意捜査の原則〔ほか〕

購入する


home


広告掲載のお申し込みは、こちら、
出店申し込みは、こちら、