NAshop 中山研一
刑法書籍
スパシーバ
N A K A S E
Home Top

中山研一

著者名 書籍名 出版社・出版年 ISBN 定価+税
中山研一 因果関係
社会主義刑法を中心として
オンデマンド版
日本刑法学会選書 9
有斐閣2013.3 978-4-641-91142-0 8,690円






Books・CD・DVD・BD

購入する

口述刑法各論 新版 補訂3版
中山研一(著)成文堂2014.9(ISBN:978-4-7923-5122-9)
3,520円

(目次)
序論・刑法各論の意義と体系
殺人の罪
傷害の罪(1)
傷害の罪(2)、過失傷害の罪
堕胎の罪、遺棄の罪
脅迫の罪、逮捕及び監禁の罪
略取、誘拐及び人身売買の罪、姦淫の罪
住居を侵す罪、秘密を侵す罪
名誉に対する罪、信用及び業務に対する罪
財産に対する罪(総論)〔ほか〕


概説刑法 1 新版
中山研一(著)成文堂2011.3(ISBN:978-4-7923-1901-4)
3,080円

(目次)
第1編 序論
第2編 犯罪論(犯罪の概念と要件
行為論
構成要件論
違法性論
責任論
未遂犯論
共犯論
罪数論)


刑法入門 第3版
中山研一(著)成文堂2010.10(ISBN:978-4-7923-1884-0)
1,980円

(目次)
第1章 「刑法」とはどんなものか(刑法の意義)
第2章 「刑法」はどのように変遷してきたか(刑法の歴史)
第3章 「刑法」は誰が実施するのか(刑法の担い手)
第4章 「犯罪」はどんな状況にあるのか(犯罪の発生と処理)
第5章 「刑法」はどんな問題とかかわるのか(刑法と社会問題)
第6章 「犯罪」はどんな場合に成立するのか(犯罪の成立要件)
第7章 「刑法」の判例と学説はどんなものか(判例と学説)

購入する


home


広告掲載のお申し込みは、こちら、
出店申し込みは、こちら、